ホテルを予約するには|口コミを目に通しておくべし

口コミも確認しよう

様々な特徴

レディ

与論島は鹿児島の南西に位置する島で、沖縄から飛行機・船または鹿児島から飛行機で行くリゾート地です。
与論島は島の外周が21キロしかなく、数日滞在するにはちょうどよい広さです。
この島は百合ヶ浜と呼ばれる、奇跡の浜を見る事が出来るので非常に観光客からは人気となっています。
観光客が頻繁に訪れる事から、ホテル等の宿泊施設はホテル・旅館・ペンション等と様々な種類があります。
ホテルも地場に密着したものから、リゾート雰囲気を味わえるものまで多彩です。
民宿では与論島の日常生活を味わえると共に、費用は1日3,000円からとリーズナブルです。
民宿は多数ありますので、費用等と相談して決める事が大切です。
与論の日常生活を味わう以外には、観光をメインとしてホテルを利用する方法もあります。
ホテルは特に夏休みやGWの期間は人気となっており、常に満室の状態です。
ホテル費用は8,000円前後が相場ですが、リゾート雰囲気を満喫するホテルも与論にはあります。
このようなホテルでは20000円から30000円程度の費用がかかってきます。
まずは与論島に何を目的として訪問するかをしっかりと考えて、利用する事が大切です。
ゆっくり過ごすのか、または観光か、さらには日常生活を経験するのか、与論島にはすべて対応できる宿泊施設が準備されています。
与論島には百合ヶ浜や青い透明な海をみる為に何度も訪れる人も多く、口コミサイトを参考にして宿泊施設を選択する事も大切です。

目的に沿った宿泊先選び

ベッド

名所の百合ヶ浜が広く知られている与論島は、西端から東端まで10km以内という比較的コンパクトな島です。
車で約20分の移動が便利な与論島ですが、百合ヶ浜以外にもビーチや内陸エリアの景色など見どころ満載となっています。
長期滞在にも適している与論島ですので、ホテル予約でゆったりする計画もおすすめでしょう。
そんな与論島の旅行計画はホテル選びが気分を盛り上げてくれますが、適当な選択はせっかくの楽しみが減少する可能性があるのです。
例えば、グルメも楽しむ旅行はお食事にこだわったホテルを選択し、海のレジャーが目的の場合は海岸線エリアを中心に選定します。
ホテルという言葉は宿泊先すべてを指すこともありますが、与論島ではタイプに分けて選定する点がポイントです。
大まかにはホテルタイプと民宿タイプが存在し、主に設備や外観と規模が異なります。
圧倒的に多いのは民宿タイプで、中心街以外に県道沿いや海岸付近でも見つけることが可能です。
ホテルタイプは現代的な設備が整っており、各ルームは完全な個室空間が用意されています。
料金は若干高めとなりますが、プライバシー空間でゆったりした旅には最適でしょう。
民宿タイプは人の存在が近くに感じられ、現地スタッフや別の旅行客と交流したい人に適しています。
また、地場産の食材をふんだんに使用し、手づくりのお食事にこだわっている点が特徴です。
このほか、ウィークリーや相部屋のドミトリーも存在しますが、すべてのホテルにおいては、最新情報確認と予約後の訪問が安心できます。

あらゆるニーズに対応

手

与論島観光と言うと、テレビやインターネットで広く特集がされている絶景スポット、百合が浜が最大の見所と言えます。
ビーチリゾートの中でも百合が浜は最大級の透明度の高さを誇り、その綺麗な海と真っ白な砂浜が多くの人を魅了しています。
この百合が浜がある与論島観光のもう1つの醍醐味と言えるのがホテルです。
与論島内には多種多様なタイプのホテルがあり、あらゆるニーズに対応が可能となっています。
与論島を訪れる際にはホテル選びも滞在を最大限に楽しむ為の欠かせない要素である事を認識しておきましょう。
宿泊するホテルによって与論島に対するイメージは大きく変わる事でしょう。
例えば、与論島にはリゾート地らしくリゾートホテルも立地しており、ラグジュアリーな滞在を楽しむ事が出来ます。
施設内にプールやテニスコートを完備しているケースがあり、ビーチに行くだけで無く、ホテルでゆっくりと優雅に過ごすという楽しみ方も可能です。
また、こじんまりとした宿泊施設ではありますが、民宿タイプの宿泊施設も数多く揃っているのも与論島ならではです。
長年、与論島で暮らす方との交流や同じく滞在する人一期一会の出会いを楽しむ事が出来るので、人との交流を楽しみたいという方には民宿が最適と言えるでしょう。
もちろん、リゾートホテルや民宿以外にもスタンダードなホテルもあるので、遊び疲れてとにかくホテルでは休みたいという方なども安心です。
このように与論島にはビーチリゾート、そして、離島ならではの宿泊施設の魅力があります。

一番人気のマリンレジャー

熱帯魚

沖縄では青の洞窟でのシュノーケリングが人気になっていますが、人気になっている理由は手軽に楽しめるのに、他のポイントよりもより楽しめることがあげられます。他にも設備が充実していたり、多彩なメニューが選べることも人気の理由になっています。

もっと読む

日本屈指のリゾート地

シュノーケル

海で気軽に楽しむことのできるレジャーがシュノーケルです。機材はほとんど必要ありません。沖縄のようにサンゴ礁が集まるエリアでは、シュノーケルを満足するほど楽しむことが可能になっています。透明度の高い冬がおすすめです。

もっと読む

人気スポットだからこそ

海

百合が浜などの観光スポットが人気を集めている与論島を訪れる際にはホテルの手配に注意をしましょう。人気が高まっているスポットという事もあり、百合が浜が見える時期などは争奪戦となります。なお、与論島には民宿タイプからペンションタイプまで様々なタイプがあるので好みに応じて選ぶ事が可能です。

もっと読む