婦人

チラシ印刷をすると効果的|大々的に宣伝するコツ

本を作るには

本

本を作るのに必要なもの

会議用の資料等で資料をまとめるのに4、5枚程度ならホッチキスやガチャ玉で綴じれば良いですが、10枚以上となると綴じるのは困難です。一昔前は印刷会社等にお願いして製本するかファイルを購入して綴じるしか方法がなく、コストがかかっていましたが最近はポータブルの製本機がリーズナブルな価格で販売され、普及し始めています。一般的なポータブルの製本機は書類の端を圧着して糊付けする方式を採用しています。1冊製本するまでの時間は、製本機の予熱が完了すれば1分弱で完了します。製本できる枚数は機種にもよりますが、100枚以上製本可能なものもあります。製本機の価格も機能やメーカーによって変わりますが、リーズナブルなものなら6千円台からあり、高給機種なら数万円のものもあります。ちょっとした会議用資料や個人的な同人誌を作成する程度なら1万円前後の製本機で充分でしょう。性能で選ぶのであれば、選定のポイントとして製本の最大枚数を確認しましょう。安価な製本機は製本できる枚数が少ないので注意しましょう。次に背表紙やクリヤーカバーのオプション機能があるものが便利です。カバーを取り付けると雨や汚れを防ぐことができますし、見た目もキレイです。背表紙も書棚に保存する場合に書類名がわかりやすい利点があります。値段に大差がない場合は、多機能な製本機を選ぶと良いでしょう。また収納スペースに限りがある場合は、できるだけコンパクトなものを選び、専用カバーも同時に購入しましょう。